セフレ体験談|出会い系を使った出会い成功体験

セフレ体験談として、出会い系を使って出会いを成功している男女の実際の体験談を紹介しています。

 

出会い系で念願のセフレが出来ました
私は妻と結婚して一年ほどが経った頃、別の女性とセフレ関係になりたいと考えました。

 

妻とセフレの二人の女性を同時に持つ事で、楽しい人生を送ることができると思い始めたのです。

 

そこで私は妻にはひた隠しにして、出会い系でセフレ探しを始めました。

 

>>セフレ探しで失敗しない|セフレ募集サイトは【セフレ探検家】

 

とはいえいきなりセフレを作る事は難しいと思ったので、まずは出会い系で良さそうな女性と会って話をするようにしました。

 

そうして段階を踏んでいく内に、私は出会い系を通じてセフレを作ることができたのです。

 

彼女は良く喋る女性で、次から次に話をするので、話しに付き合うのがとても大変なのです。

 

ですが彼女は私のタイプにどストライクなので、彼女以外の女性とセフレ関係になる事は考えられませんでした。

 

私は彼女とセフレ関係になるために、彼女のご機嫌を取るために話しに付き合っていました。

 

そんな私の努力が実り、彼女と体の関係を持てる日が訪れたのです。

 

私は彼女とのエッチが上手く行けば、彼女に気に入られることができ、彼女とセフレ関係になる事も可能だと思い、気合が入りました。

 

そしていよいよ私は彼女とエッチを始め、彼女が満足できるように丁寧にエッチをしたのです。

 

妻にはいつも強引過ぎるエッチをしてる私ですが、彼女に対してはセフレになれるかどうかが掛かっていましたので、丁寧なエッチを心がけました。

 

その私の思惑が的中して、彼女は私とのエッチに満足してくれ、見事セフレ関係になる事を承知してくれたのです。

 

私はこうして妻とセフレの二人の女性を、手中に収めたのです。
「滋賀県|30代|男性|会社員」

2回目のデートで野外セックスに成功できたセフレ

ちょっと刺激的な野外でのセックスに関心があって、人に見られているかもしれないどきどき感が止められません。そんなことをしてくれるセフレを見つけたくて出会い掲示板を見るようになっていきましたが、ちょっと開放的な雰囲気を感じる女の子と知り合うことができて、仲良くなることができたのですが、いきなりのデートではちょっと遠慮しておいて、2回目で決めるという流れにしようと思い、デートをすることになりました。

2回目のデートでは出会い掲示板でのセフレの彼女がミニスカートを履いてきてくれたので、これならばエッチもしやすいというムラムラした感情がすぐに出てきてしまいました。とはいえ少なくとも夕方になるまでは我慢であり、海の見える防波堤でゆっくりと時間を過ごしていきました。
やがて少し薄暗くなってきたなという感じのときに、もう少し奥まで行ってみようということで草むらの中を入り、もっと海が見えるところまでくると誰もいなくて二人でこの景色を独占するような状況になると自然に肩に手をかけて抱き寄せてキスをすると彼女がそれを受け入れる感じになってきたので、舌を入れてディープキスをすると後はエスカレートするばかりであり、自然にエッチなノリになっていきました。そして彼女の後ろに回って抱きしめてから手をおっぱいとスカートの中に伸ばして女の子が気持ちよくなるところを刺激していくと彼女があえぎ声を出すようになってきました。だんだんと足が開くようになってきたので、そのまま立ちバックで後ろから挿入してセックスをしてしまいました。後ろから突くのが快感であり、最高の気持ちよさでやめられません。
こうして出会い掲示板でのセフレとは野外セックスを楽しむことができ、セフレになりました。


ミントC!Jメールを無料で試してみる >>



TOP ランキングへ戻る >>セフレ探しで失敗しない|セフレ募集サイトは【セフレ探検家】



セフレ体験談|出会い系を使った出会い成功体験記事一覧

東京都内でセフレとエッチな関係になれるのは本当に使われている出会い系のアプリが良いです。出会い系アプリで出会った男性とセフレ関係と成り幸せを感じています私の夫は、エッチの時に私を物のように扱うので、全然気持ちが良くないのです。ですからエッチをしていながら欲求不満状態になってしまい、私は段々とイラつくようになってしまいました。そこで私はイライラを解消する為に、出会い系アプリで男性と会うようになったの...

京都府内でセフレを作れたサイトでの出会いは貴重です。本当に出会いを作りたいと考えているならサイトを使わないと意味がありません。舞妓のセフレを作れたサイトでの出会いは貴重です舞妓さんとサイトを通じたセフレとしてのお付き合い自分は現在大阪に住んでおります。そして休日などは暇なときもあるので、自分は関西圏内を転々とすることが多いのです。去年には自分は京都に足を運んだことがありました。そして偶然にも肉眼で...